本文へスキップ

バベルプレスの世界の絵本翻訳工房は翻訳から創作まであなたの出版の夢の実現をします。

TEL. 0422-24-8935

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-18

オーディション(生きてるって素晴らしい)

オーディション(生きてるって素晴らしい)
オーストラリアらしさ満点 絵、ストーリーともに、、、著者はオーストラリアの先住民族


タイトル:Crow and The Waterhole
原 作 者:Ambelin Kwaymullina
出 版 社:Fremantle Press
ページ数:32ページ
対 象:4-8歳
ISBN(-13):9781863683036
初版発行年月:2007年 8月
ページ数形態:32page / Hardcover
サイズ:23.6× 23 × 1cm



<内容>

主人公はカラス。

毎朝水たまりをのぞき込むと水面のカラスが見つめ返します。

それは水面に映った自分の姿なのに、

主人公は別のカラスだと思っています。

水面のカラスが立派に見えて、そんなふうになりたいと願い、

旅に出た主人公。

旅先でさまざまな生き物から助けを求められます。

山火事に遭ったゴムの若木、池に落ちたゴアナ、

動物たちに忘れられてしまったメラレウカの木。

彼らを助けるたびに、また水面にカラスが映り、

そのカラスはさらに立派になっています。

水面のカラスのようになれないことを悲しんでいると、

ワライカワセミがやってきます。

「水面のカラスは君が映った姿だよ」と笑い飛ばされ、

自己実現の鍵は自分自身のなかにあると気づいたカラス。

自信をもてずに旅をしている動物に出会うたびに、

水面のカラスの話をしては、

自己実現の鍵が自分の中にあることを教えてあげるのでした。

<著者>

Ambelin Kwaymullina作家であり、

画家でもあります。

オーストラリア西部のピルバラというところに住む

先住民族のBailgu族とNyamal族の血を引いています。

いきいきとした色使いとやさしい語り口が特徴的です。

母のSally Morganもアボリジナル・アートのアーティストで

絵本も手がけています。

2008年には、最新作のTwo-Hearted Numbatを発表しました。

<書評について>

アボリジニの言い伝えをベースにしたお話を

Ambelinらしい温かなナラティブとビビットな配色で描いています。

中心にすえられたメッセージは、

自分を信じること。なりたい自分を探したり、

自分が好きになれなくて悩んだりしている子どもたちに

勇気を与えてくれる物語です。

(F.Moore, NSW Department of Education and Training)
                     

バナースペース

バベルプレス(株)バベル

〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-18

TEL 0422-24-8935
FAX 0422-24-8932