本文へスキップ

バベルプレスの世界の絵本翻訳工房は翻訳から創作まであなたの出版の夢の実現をします。

TEL. 0422-24-8935

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-18

オーディション(生きてるって素晴らしい)

オーディション(生きてるって素晴らしい)
かわいい うさちゃんの冬の 絵本


タイトル:danny’s first snow
原 作 者:Leonid Gore
出 版 社:Atheneum Books for Young Readers
ページ数:40ページ
対 象:4-8歳
ISBN(-13):978-1416913306
初版発行年月:2007/10/23
ページ数形態:40page/ハードカバー  
サイズ:28.5cm×22.5cm×10mm



<内容>

ゆきってなんだろう?

はじめて雪を見たダニーにはわかりません。

外に出てみると、いつもの見慣れた景色とはちがいます。

雪はダニーにいろいろな友達を与えてくれました。

でも、こわいこともありました。

そんな中でダニーは、雪がどんなものか少しずつわかっていきます。

ゴアの描く、可愛らしいウサギの坊やの絵に、

雪のように心も溶けてしまいそうです。

そして雪の日には、ダニー坊やが遊んでいないかと、

あたりを見回すことでしょう。

ダニーは外に出ていって、自分の目で確かめることにしました。

雪は友だちみたいにやさしいけど、獰猛にもなりえます。

それはあなたの想像力しだいなのです。

<著者>

Leonid Goreは、ベラルーシに生まれ育ちました。

ミンスクの美術アカデミーを卒業したあと、故郷を離れ、

1991年にアメリカに渡りました。

現在は妻と娘とともに、ニュージャージー州のオークランドに住み、

イラストレーターとして、たくさんの絵本に絵を描いています。

代表作に、Sonia Craddockの”Sleeping boy”

 Eve Buntingの”Who was born this special day”,

Monique de Varenneの“The Sugar Child”などがあります。

<書評より>

「はじめて雪がふった日のこのお話の、非常に美しいイラストに、

若い読者たちは大喜びするでしょう。

ゴアは、見事な形と質感を作り上げることに成功しています。

くまの形になっていた緑の松は、遊んだあとには溶けています。

ゴアのイラストは文章で説明する以上のことを示してくれます。

もともと雪のかけらだったものが、親しみ深いものへ、そして

驚きの世界へと姿を変えていく様子を。 -パブリッシャーズ・ウィークリーより


バナースペース

バベルプレス(株)バベル

〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-18

TEL 0422-24-8935
FAX 0422-24-8932