本文へスキップ

バベルプレスの世界の絵本翻訳工房は翻訳から創作まであなたの出版の夢の実現をします。

TEL. 0422-24-8935

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-18

オーディション(生きてるって素晴らしい)

オーディション(生きてるって素晴らしい)


タイトル :Froggy Goes To Hawaii
原 作 者:Jonathan London(文)Frank Remkiewicz(絵)
ページ数: ページ数:32ページ
対   象:4-8歳
内  容:アメリカで人気のシリーズ。かえるフロッギ―は、どこかぬけていて、行く先々ドジやヘマばかりしでかし、てんやわんや。でも、なぜだか、にくめない。つい、にんまりと笑ってしまう本。

タイトル:Puppy Pool Party!: An Underwater Dogs Adventure
原 作 者:Seth Casteel
出 版 社:Little Brown and Company
ページ数:40ページ
対 象:4-8歳
内  容:さあ、夜が開けた。プールパーティーのはじまりです!プールにジャンプ。弾丸のような「犬かき」。動きとともに作り出される水泡の動き。水中で一体何が起こっているのか?

タイトル:Bear Dreams
原 作 者:Elissha Cooper
出 版 社:Greenwillow Books
ページ数:40 ページ
対 象:4-8歳
内  容:やらなきゃいけないことがあるけど、べつなことを思うぞんぶんやりたい!」 特に忙しい毎日を送っていると、こんな考えが浮かんできませんか?「宿題しなきゃいけないけど、友だちと遊びたい」、「仕事にいかなきゃいけないけど、海外に旅行にいきたい」などなど。子どもも大人も関係なく、密かな計画を立てるときは、胸がわくわくするはずです!今回のおすすめ絵本は、おっとりした表情がなんともかわいらしい子グマが主人公のお話しです。

タイトル:danny’s first snow
原 作 者:Leonid Gore
出 版 社:Atheneum Books for Young Readers
ページ数:40ページ
対 象:4-8歳
内  容:「みて、ゆきよ!」ママが言います。窓の外で白いものが舞っているのが見えます。でも、ゆきってなんだろう?ダニーは外に出ていって、自分の目で確かめることにしました。雪は友だちみたいにやさしいけど、獰猛にもなりえます。それはあなたの想像力しだいなのです。

タイトル:BEDTIME for BEAR
原 作 者:Brett Helquist
出 版 社:Harper Collins Publishers
ページ数:32 ページ
対 象:4-8歳
内  容:その冬、最初に雪が降った日、クマは冬眠に入ろうとしていました。ところが、いたずら者のアライグマたちがやってきて、「遊ぼうよ!」と大騒ぎ。うるさくて眠れません。「いいかげんにしろ!」と家を飛び出したとたん、雪玉をぶつけられ、怒ったクマはアライグマを追いかけ回します。ところが、滑って転んだクマたちは、雪の斜面を一直線――いつの間にか、雪遊び大会になってしまいます。……冬眠しなくていいの?




タイトル:Snow Party
原 作 者:Harriet Ziefert(著)Mark Jones(絵)
出 版 社:Blue Apple Books Tiger Press
ページ数:32ページ
対 象:4-8歳
内  容:ゆきだるまにも楽しみはあります。男性や女性のゆきだるまも、子どもや赤ちゃんゆきだるまも、みんなが待ちに待ったパーティが冬の訪れとともに開かれます。さて、どんな楽しいことが起こるのか、こっそりのぞいてみませんか?


タイトル:Exclamation Mark
原 作 者:Amy Krouse Rosenthal(文)Tom Lichtenheld(絵)
出 版 社:Scholastic Press
ページ数:56ページ
対 象:4-8歳
内  容:自分って、なんだか他のマークと違うのかなあ。みんなに馴染もうとするけど、なんだかうまくいかないときがある。ちょっぴり悩んでいた「!くん」の前に、自信満々いろんな?を並べ立てる「?くん」が現れる。「!くん」は気づく。そうか、自分らしくやればいいんだって。それから「!くん」は大張り切り!エクスクラメーションマークやクエスチョンマークの使い方がわかるようになるとともに、自分らしさとはなにか、自分らしく生きる喜びなども子どもたちに伝えることのできる画期的な本である。最後のページに小さく書かれた「?くん」と「!くん」のやりとりも、お見逃しなく。

タイトル:Train
原 作 者:Elisha Cooper
出 版 社:Orchard Books
ページ数:40ページ
対 象:4-8歳
内  容:東の駅で、赤と白の車体の通勤電車に乗り込もう。青い旅客列車に乗り換えて、中西部の農村部を抜けて、貨物列車に飛び乗ろう。山々を抜けて、次は夜行列車です。最後は高速列車で、西海岸まで走り抜けます。


タイトル:Crow and The Waterhole
原 作 者:Ambelin Kwaymullina
出 版 社:Fremantle Press
ページ数:32ページ
対 象:4-8歳
内  容:主人公のカラスは、いつも自分に自身が持てません。彼女は、自分が住んでいる木の下の水面に映るカラスが立派に見えて、いつも「彼女のようになりたい」と、願うばかり。そんな彼女のもとに、助けを求める声がいろいろと迷い込んできます。彼女はどうなるのでしょうか…

バナースペース

バベルプレス(株)バベル

〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-18

TEL 0422-24-8935
FAX 0422-24-8932